大きくなるビジョンに躍る胸|翻訳サービスを活用し海外進出に近づく

比較で依頼先を探す

ウーマン

サービスを活用しながら翻訳会社を利用する

普段の生活の中で、海外から輸入された商品などを利用する事があります。操作が必要な商品などについては、マニュアルであったり、カタログを利用する事もあります。日本語で理解するために、言語を日本語に翻訳された形で、マニュアルなどを目にしている事になります。そこには、翻訳作業がある事で、利用者が理解できる過程を踏んでいます。翻訳作業については、翻訳会社を利用している事が多くなっています。翻訳会社については、その数も多くなっており、自社の実力を判断してもらうための取り組みなども行われています。例えば、初回については、割引サービス、無料サービスなどを実施している事があります。『トライアルサービス』と呼ばれるものですが、この様なサービスを利用すると、お得に、しかも翻訳会社の実力を判断する事ができます。

利用した場合の料金目安を知っておく

現在では、翻訳会社を利用する以前に、見積比較サイトなども存在していますので、利用してみても各案件における見積料金がわかります。翻訳会社を利用した場合の料金は、英語と日本語を基本にすると、1文字にすると、大体10円から20円位が相場です。1ワードにすると、20円から30円位になります。専門性によって、この単価は変動していく事は知っておくべき内容になります。マニュアル翻訳や工業技術、財形、医学、特許の順に単価は高くなっていきます。加えて、取り扱い言語によっても多少単価は変化していきますので、参考にしてみてください。